酸洗いって臭いの問題はないの?

金属加工での酸洗いの意味と役割

酸洗いとは金属加工の際に行われる化学洗浄処理方法の一つです。
硫酸あるいは塩酸が使われることがほとんどで、処理の後は研磨作業が必要ないくらいに美しく、光沢を持った金属に仕上がります。
この処理は当然、見た目にこだわっているというだけではありません。あらゆる機械に使われる金属は一つ一つの部品が大変細かな場合があります。小さいながらも大変重要な役割を担う部品もあり、加工した金属の表面に不純物が密着していると、それが機能性に支障をきたしてしまう場合があります。すでにサビつきなどで脆くなってしまっている場合もあるので、その部分を取り除くという意味もあります。
酸洗いを行うことによって、それが部品であるならば、組み立てを効率良く安心して行うことができるので、金属加工に欠かせない処理となっています。

酸洗いとエッチング、処理の際の注意点

酸洗いと並行して行われる金属加工処理にエッチングというものもあります。
大抵このふたつはセットになっていて、酸洗いが行われた後にエッチングの処理も施されます。酸によって金属の表面は腐食します。この作用を利用して常温加工による変質層を除去する方法がエッチングとなります。
例外的にミリ以下の単位での微調整を行うこともあります。酸が非常に毒性の強い事は小学生の理科でも習います。
しっかりとした安全対策が必要なことは言うまでもありませんが、ついおろそかにしてしまうのが臭いの対策です。
酸はそもそも悪臭を緩和させる効果を持っていて、トイレや排水口用の洗剤などにも使用されているくらいですが、単体での成分が強すぎると刺激臭を放ちます。これをまともに吸い込んでしまうと、目眩がしたり、ひどい時は吐き気を覚えたりします。
マスクをするなど万全の安全対策が必要です。

金属表面処理は一般的に金属製品に薬剤を塗布して皮膜を作る作業を指します。皮膜によって傷が付きにくくなり、金属製品の劣化を防ぐことが可能です。また、艶出しによって見栄えが良くなる効果もあります。