酸洗いの金額ってどのくらい?

酸洗いの技術紹介について

酸洗いとは、見た目の品質を向上させることで錆や汚れの除去やバリの除去を行うことができます。例えば、溶接によるスパッタや熱処理による黒ずみなどがあげられます。別の目的として、メッキなどの表面処理を効果的に行うため前工程として採用されたり、洗浄をより高品質にするために採用されます。メカニズムは金属をとかす強い酸性の液体につけることでこれらの効果を実現します。水洗いをすることでより酸の効果を高めることができます。とても簡易的な工程でランニングコストが安いメリットがあります。注意点としては危険な薬品を使うので人体や環境に影響がないように環境整備を整えることです。また、きれいになりすぎるので防錆処理が重要です。

酸洗いのコストについて

酸洗いのコストは、大量に依頼するほど単価が安くなります。また、一般的に単価やキロ当たりの見積もりを提示することが一般的です。一例には200円程度で業者によって異なりますので見積もりが必要になります。そもそも酸洗いの工程自体が液体につけるだけというシンプルなもので90分程度で完了します。具体的には、脱脂処理からはじまり酸につける工程と洗浄と乾燥で構成されています。また、酸洗い材料といって事前に処理された材料がありますのでこれを使うことで効率的に加工することができます。こちらもキロ当たりの単価が設定されています。自社でラインを引くことも容易ですので投資対効果を見極めて自前で対応することも可能です。

酸洗は金属製品の汚れや錆を酸性の薬剤で取り除く作業です。見栄えを良くする利点がありますが、薬剤は有害な物が多いので十分な換気を行う他、手袋などの保護具で肌の露出を避けることを心がけます。