酸洗いって時間がかかるの?

酸洗いの技術紹介について

酸洗いとは金属を酸性の液体につけることで溶かすという性質を利用して、表面をきれいにしたり、防錆作業を施したり、バリや角を取り除く効果があります。これにより、精密部品の寸法精度の向上や取り扱いにおけるけがの防止やバリの脱落や表面粗さによる機械の動作不良などに寄与することができます。液体につけるだけなシンプルな工程で一度に大量に処理ができますので量産化しやすいメリットがあります。また、液体は何度も使いまわしができますのでランニングコストがかかりませんし設備もシンプルで初期投資もかかりません。デメリットとして人体に危険な酸性の液体を取り扱うので環境や安全面に配慮した手順書やルールの整備と徹底の管理工数が増大になります。

酸洗いの処理時間について

酸洗いの処理時間は、数時間程度ですが前工程を管理することと酸の種類と濃度により調整することが可能です。金属を溶かすにはミクロン単位の変化ですので時間がかかります。したがって前工程のバリや角の寸法精度を最小にすることで処理時間が短くなります。極端に大きすぎると処理ができないので注意が必要です。また、一度の大量につけることができますので設備を工夫することで処理時間を有効に使うことができます。ラインを増やすことでタクトを減らす工夫もできます。従って、最適な工程を設計するためにトライを繰り返して条件を設定することが有効な処理時間の実現につながります。無人化しやすい工程ですので処理時間が長いデメリットをメリットに変えることもできます。

リン酸処理は金属製品にリン酸を塗布して皮膜を作る作業を指します。皮膜の形成によって傷が付きにくくなり、金属製品が長持ちするのが利点ですが、リン酸は有害なので作業を行う際は取り扱いに注意します。